トップページ > 外交部報道官談話
2006年4月4日の中国外交部劉建超報道官の定例記者会見
2006/04/05

 

  2006年4月4日の中国外交部劉建超報道官の定例記者会見のうち、日本関係の一問一答は次の通り。

 問 昨年4月に起きた「反日」デモから1年たったが、コメントは。中日関係の今後にどんなことを期待するか。胡錦涛主席は先週、日本の指導者が靖国神社参拝をやめれば、ハイレベルの会談を再開できると表明した。日本はこのような会談には前提条件を設けるべきでないとしているが、コメントは。

 答 最初の質問について、昨年4月に起きたことについて、われわれは立場を明らかにしており、あなたもよく理解しているはずだ。1年近くすぎたが、中日間の政治関係に有効な改善と発展がみられないことをわれわれは非常に残念に思っている。こうした局面が現れた責任は中国側にはなく、日本国民にもなく、日本の一部指導者が歴史問題で間違った態度をとり、靖国神社参拝を続けていることにある。これは両国人民の感情を損ない、さらには両国関係の政治的基礎を損なった。最近、胡錦涛主席が日中友好7団体と会見した際、中日関係改善の態度を明確に示し、中日関係の改善、発展問題に対する中国政府の誠意を十分示した。これに対して日本側の積極的対応があって然るべきだ。日本指導者の靖国参拝は中日関係の政治的基礎にかかわり、両国人民の感情にかかわる重大な問題であり、日本が靖国問題で間違った態度をとり、A級戦犯を祀る靖国神社の参拝を続けることは中日関係の改善と発展に役立たない。われわれは日本が間違いを改め、中日関係の改善と発展の条件をつくるよう改めて求める。

 問 最近、安倍晋三官房長官は、中日指導者の靖国問題に対する意見が異なっていても、中国は両国指導者の会談に前提条件を付けるべきでないとし、対話の継続を希望したが、コメントは。

 答 改めて申し上げたい。日本の指導者が歴史問題にどのように対処するのか、A級戦犯を祀る靖国神社への参拝問題をどのように処理するのかは中日関係の政治的基礎である。中国はこの問題を解決するためにたゆまぬ努力を払った。この数年の中日関係の歩みを振り返ってみれば、両国指導者の会談が行われなかったわけではないことがわかる。中国は歴史問題に対する立場を何度も説明した。会談のための会談であってはならず、問題を解決するものであるべきで、日本は誠意を示すべきだと私は思う。中国側は、中日関係を重視し、関係の改善と発展に力を尽くすと明確に表明するとともに、そのために重要な努力をした。しかし極めて残念なことに、このように重大な問題で、日本の指導者の積極的な対応が得られず、その結果、中日関係は過去4、5年間不正常な状態にあり、非常に困難な時期にある。われわれは日本の指導者が中日関係の大局、アジア地域の大局を考え、歴史問題で正しい態度をとり、中日関係を改善し、発展させるよう希望している。

 問 橋本元首相、高村元外相ら日中友好団体の関係者は帰国後、胡主席の談話をかなり高く評価している。そしてこれを契機に中日関係を改善し、発展させることができると考えているが、コメントは。次に北京と上海で昨年4月に起きた「反日デモ」について、中国は現在、デモの責任は日中のどちらの側にあったと考えているか。

 答 最初の質問について、胡錦涛主席は日中友好7団体の責任者と会見した際、中日善隣友好関係を発展させる中国政府の積極的態度を明確に説明した。中日友好に尽力している人たちは、日本側の人たちを含めてみな、非常に積極的なシグナルを得られただろう。中国側の誠意は中日友好を支持するすべての人の理解と支持を得ることができると信ずる。

 2番目の質問について、あなたは「反日デモ」という言葉を使った。私は中国民衆の示した態度は日本国民に対するものではなく、日本の指導者が歴史問題でとっている間違った行動に対するものだったと考える。中日関係改善の根本的活路は、日本の指導者が歴史問題で正しい態度をとり、A級戦犯を祀る靖国神社の参拝をやめることにある。

 問 一部の日本人は中国政府が愛国主義を発揚することで反日感情が生まれやすいと心配しているが、コメントは。中国の一部の専門家は狭隘な愛国主義は正しくないとしているが、狭隘な愛国主義と真の愛国主義にどのような区別があると考えるか。

 答 愛国主義はいかなる国もみな推奨する思想であり、非常に高尚な思想である。中国だけでなく、日本でも、世界のいかなる国も愛国主義を尊んでいる。あなたの言う狭隘な愛国主義について、その学者がこの言葉をどのように定義したか知らないが、狭隘な愛国主義は愛国主義ではないと私は考える。中国政府が提唱するのは真の愛国主義である。われわれはこれまで愛国主義を利用して、いわゆる「民族主義」を宣伝、扇動したことはない。中国の現在の政策は世界のすべての国に対して開放し、友好を発展させ、互恵協力を行うというもので、日本も含まれる。日本で中国は愛国主義教育を利用して中日関係を壊していると言う人がいるなら、それは極めて間違った発言である。世界にはこのように多くの国があるのに、なぜ中日関係だけにこのような問題があるのか。問題は日本側が両国の歴史問題を適切に処理しないことにある。あれこれ口実を探しては、責任を中国側に押し付けようとすべきではない。日本はもっと自分のほうに原因を探すべきだ。私は日本の指導者が対中関係の発展を重視すると何度も表明していることに留意している。しかし、言動からはこの点を見出すことはできない。日本が誠意を示し、英知と勇気を出して、中日関係の改善と発展を促すよう希望する。

 問 次回の中日東海問題協議の具体的日程を明らかにできるか。日本のメディアは中国側の共同開発案の範囲に釣魚島の近海が含まれるとみているが、日本側の理解は正しいか。

 答 次回の中日東海問題の協議について、確かな情報があればみなさんにお知らせする。前回の協議で中国側が示した提案は東海の実情にかない、「係争棚上げ、共同開発」の原則にかない、情理にかなったものであり、建設的提案である。釣魚島とその付属海域は中国固有の領土であり、中国には争うことのできない主権がある。

 問 あなたはいま、中国民衆の昨年のデモの原因は日本の指導者の靖国神社参拝であり、「反日」ではないと述べた。しかし、われわれは同時に暴力的行動と普通のデモを区別しなければならない。昨年のデモの際、日本政府と無関係な一部のレストランや企業が破壊されたことは客観的事実であり、中国はそのため一部の犯罪者を逮捕した。あなたは正しいと思うか。

 答 歴史問題自体とそれによって引き起こされる問題は性質の異なる2つの問題だ。日本の指導者がA級戦犯を祀る靖国神社を参拝していることが中国人民の憤りの主要な原因であり、中日関係が現在の深刻な困難に遭遇している主要な原因である。昨年のデモ行進について、われわれの態度は何度も説明した。われわれはデモ行進の中で起きた過激な行動に反対している。今日、多くの日本の記者のみなさんがこの問題に強い関心を持っており、今後、振り返る文章を書くかも知れないが、どのような文章を書くにしても、重要なのは現在の中日関係に現れている問題の実質と原因をはっきり認識し、どのようにして現在の中日関係に生じた問題を解決するために正しい行動をとるかについてより一層分析することである。

 重ねて申し上げる。靖国問題に対する中国の態度は確固たるものである。われわれは日本の指導者がA級戦犯を祀る靖国神社参拝をやめ、中日関係の改善と発展のための条件をつくるよう求める。中国の指導者も、日本の指導者がA級戦犯を祀る靖国神社の参拝をやめるなら、両国指導者の会談を行うことができると強調している。これは日本側に示した明確かつ確固たるシグナルであり、われわれは日本側が中国側の誠意と善意、および中日関係の改善と発展に力を尽くすという中国側の主張に積極的にこたえるよう希望する。

 

Suggest To A Friend:   
Print