トップページ > 教育と留学
中日でデジタルメディア人材の育成と技術開発へ
2006/02/19
 

中国新聞社の報道によると、天津市の南開大学と日本のソラン株式会社(本社東京)とデジタルハリウッド株式会社(同)は15日、デジタルメディアの人材育成と技術研究開発での協力に関する契約書に調印した。

合意によると、ソラン社は1億5千万円を出資し、「南開大学ソランデジタルメディア学院」の建設を支援する。また3者が共同出資し、「天津ソランデジタルメディア有限公司」を設立する。

今回の中日協力は、日本の先進的なデジタルメディア技術とその人材育成システムを中国へ導入し、南開大を基地として、中国の特色あるデジタルメディアの高級人材の育成システムを作りあげる。また、デジタルメディア技術の研究開発と生産を展開。これらによって、中国のデジタルメディア教育と産業の発展促進が期待される。

今回の協力プロジェクトは既に、天津市の「2006年ソフト産業発展計画」に組み込まれており、天津市科学委員会と天津市ハイテク産業パークの強力な支持を受けている。南開大学ソランデジタルメディア学院は06年9月に正式に開校する。4年制大学のほか、大学院(修士課程)も設置する予定。

 

 

Suggest To A Friend:   
Print