トップページ > 総領事館ニュース
劉亜明駐札幌総領事 「北方圏」よりオンラインインタビュー
2021-06-11 22:50

  6月11日、劉亜明駐札幌総領事が雑誌「北方圏」よりオンラインインタビューを受けた。

  劉亜明総領事は以下のように述べた。新型コロナウイルス感染症が発生して以来、中日両国新しい交流形式を開発し、新たな協力チャンスを創生した。北海道と中国各地方とはオンラインプラットフォームを活かし、政治、経済、文化、青少年など各分野での交流を展開させている。去年行われた第三回中国国際輸入博覧会では、出展した北海道ブースがECプラットフォームでオンラインモールを開設するやオンラインライブとかの形で注目を多く集め、良い成果を遂げた。今年の第四回中国国際輸入博覧会でより大きな成果を収めるよう期待している。北海道は日本で最も重要な農業地であり、中国の東北地方とは自然環境が類似し、双方の農業交流・協力は大きな発展の潜在力を有している。黒龍江省と北海道が友好関係締結35周年をきっかけとして、双方は農村の発展経験を共有し、農業分野での協力を一層深める。

  中国駐札幌総領事館は管轄地域内在住の中国人の健康・安全を支援するのを大切に扱い、新型コロナウイルス感染症発生して以来、コロナ対策物資の提供や心理的相談など様々な形で支援を行っている。北海道日中友好協会も留学生に生活支援をし、北海道民と中国国民の友好感情を深めてきた。北海道と中国各地方との交流が「ポストコロナ」時代で新たな発展を迎えることを期待している。


Suggest To A Friend:   
Print