トップページ > 総領事館ニュース
許金平総領事,北海道華僑華人連合会懇親会に出席
2012/07/11

    2012年7月1日、許金平総領事は北海道華僑華人連合会の懇親会に出席した。許総領事は祝辞の中で、まず北海道華僑華人連合会が成功裏に開催されたことにお祝いの意を表し、北海道華僑華人連合会が近年、中日友好交流を促進する活動を積極的に展開していることを高く評価し、北海道各界の北海道華僑華人連合会への大きな支持と協力に感謝の意を表した。また、許総領事は、以下のように述べた。祖国の繁栄と発展は国外の華僑華人の地位を飛躍的に高め、それにより華僑華人は現地社会により融けこみ、その役割を果たしている。駐札幌総領事館は、北海道華僑華人連合会と北海道の各界が北海道と中国の交流協力を促進するよう積極的に支持していく所存である。目下、世界経済は不況に陥っているが、国際連合は依然として中国の今年の経済成長率は8.3%に達すると予測している。中国政府は安定した発展を維持するために、自ら成長率の目標を7.5%に引き下げた。今年、中国は産業構造の最適化及び高度化を加速させ、戦略的新興産業と先進的サービス業の成長を加速させ、省エネ・低炭素及び環境保護を推進し、地域経済の協調的発展を促進し、積極的に都市化をすすめ、財政及び税務の改革を掘り下げて行い、政府からの教育、医療など公共サービスの提供を強化し、経済の安定した迅速な発展を促進させる計画である。

    北海道日中友好協会理事長の町田真英氏、札幌日中友好協会会長大島薫氏、北海道庁国際交流課の責任者等40人余が懇親会に参加した。

   

Suggest To A Friend:   
Print