トップページ > 総領事館ニュース
張玉萍首席領事,札幌商工会議所主催の懇談会に出席
2012/07/27

     7月25日、札幌商工会議所の招待を受け、張玉萍首席領事が札幌商工会議所主催の2012年度「第一回中国語通訳者懇談会」に出席した。張領事はまず自身の経歴を述べた後、中国語と日本語をそれぞれ翻訳するときの注意事項を挙げ、参加者に現在話題になっている中国のドキュメンタリー「舌の上の中国」を見せた。また、この美食ドキュメンタリー「舌の上の中国」が巻き起こした「舌の上の」という表現及びそれが生み出したバタフライ効果、中国の飲食の背後にある文化の継承と中国人の飲食文化の核心という価値観について参加者のために深く掘り下げて説明し、参加者の興味は掻き立てられ、熱い論議を引き起こした。

    張領事は最後に、総領事館は日本の各界と経済、文化等の各分野での交流を維持するよう希望しており、この懇談会をきっかけに更に多くの日本人に中国を知ってもらい、お互いに理解と友好を深め合いたい。また、ここにいるみなさんには中国語が話せるという利点を活かし、中日の国民の大きな交流の中で存分に力を発揮してほしいと述べた。

    札幌商工会議所国際部長の鈴木伸明氏及び翻訳業務に従事している20人余が懇談会に出席した。

   

Suggest To A Friend:   
Print