トップページ > 総領事館ニュース
許金平総領事,高木璋氏の葬儀に出席
2012/08/07

    7月25日早朝、長年に渡り当館と親しく付き合ってきた古い友人である高木璋氏が心臓病の発作により逝去した。享年84歳であった。高木璋氏は中国ハルビン市で生まれ、若い頃は中国人から無私の援助を受けた。高木氏は長期に渡り中日友好促進のために尽力し、特に北海道とハルビン氏の交流と協力のために積極的に貢献し、ハルビン市より「ハルビン市名誉市民」の称号を授与された。

    7月28日、許金平総領事は高木璋氏の告別式に参列し、弔辞を述べた。許総領事は高木氏と当館が交流してきた思い出を振り返り、高木氏が中日友好のために寄与してきたことを高く評価した。ハルビン市外事弁公室、対外友好協会、教育局等が高木氏の逝去にあたり、それぞれ弔電を送った。

Suggest To A Friend:   
Print